HOME 保育について いろいろな子育て事業 給食室より 園長先生のページ
みんなの顔 ひがとこ画廊 おさんぽマップ 広報紙ゆっくりゆっくり 採用情報

2018年9月号

2018年8月号はこちら
8月25日 ひがとこまつり
ぞう組(5歳児)「龍神太鼓」かっこよかったね!
園長 西田恵美子

ひがとこまつり
—8月25日—

 9月になっても残暑が厳しいですが、夜は少しずつ涼しくなって来ていてホッとするこの頃です。
 さて、その暑い中、先日の土曜日にひがとこまつりが開催されました。ぞう組の初披露のかっこいい太鼓で始まったお祭り、あまりの暑さでどうなることかと思いましたが、初参加の方もベテランの方も保護者と職員みんなの力を結集し、無事、楽しく終えることができました。小学生だけでなく中学生など大きくなった卒園生たちもお母さんと久しぶりの元気な顔を見せてくれ、本当に嬉しかったです。
 この夏はあちこちで大災害などありましたが、こうやって手と手を繋ぎあってひとつのことに向かう思いが子どもたちを守っていく大きな力になるのだと思います。暑い中本当にお疲れ様でした。

「ワッショイ!ワッショイ!」
くま・きりん・ぞう組合作のおみこし

「おみこし!ワッショイ!」
いらっしゃいませ〜

ミニミニコンサート(幼児お誕生会)
—8月30日—

 幼児クラス8月の誕生会では、東所沢でピアノ講師をしている祖父江てるみ先生を招いてミニミニコンサートを行いました。
 素敵なピアノの伴奏で子どもたちが大好きな、さんぽやアンパンマンの歌を大合唱したり、ハンドベルの演奏を聴いたりと、楽しい時間を過ごしました。

卒園生のKちゃんと祖父江先生によるハンドベルの演奏
誕生児たちも一緒に演奏したよ♪

全国保育団体合同研究集会に参加
—8月4日〜6日—

 全国保育団体合同研究集会(合研)が始まって50回目の節目の今年は、"保育運動が発祥の地"とも言える暑さに負けない元気な大阪で行われました。学んで来たことを、この"熱さ"を是非これからの保育に活かしていきたいと思います。保育協力なども本当にありがとうございました。

参加した先生方の感想です

 合研に参加させていただき、ありがとうございました。
 50回目の開催ということもあり、とても盛大でした。同じ0歳児担任の先生がたと話し合いをする場もあり、同じ悩みや保育観を共有できたりととても有意義で有益な時間を過ごすことができました。
 どの先生も子どもたちのことを思い、それぞれ切磋琢磨している姿に私自身も良い刺激を受け、今後の保育に役立てていきたいと思いました。

 今年は合研が50周年ということで、合研の歴史を振り返る企画がありました。日本各地の保育に携わる人が保育についての情報交換や、意見交換をすることで、自分たちの保育をよりよくしていくことが合研の開かれた意味だとわかりました。
 私も様々な保育の仕方を知ることで保育をよくしていきたい!!という意志を持ちながら参加させていただきました。
 三日間の学びをこれからの保育に活かしていきたいと思います。

 いつもいつも子どもたちのために。
 全国から9000人を超える保育者、保護者が参加した大阪合研。みんなが同じ願いを持って集まっているという事に感動を覚えずにはいられませんでした。子どもたちが幸せな生活を送る事、それは大人同士が手を取り合い繋がっていくことが大切なことなんだと強く感じました。
 合研に送り出していただき、ありがとうございました。

 夏といえば合研!今年は憲法の話やフリージャーナリストの方の話を聞いて来ました。子どもたちをいろいろなまなざしで見ることが人権尊重。この世に生まれて来てよかったと思える保育をしよう!そのためには、戦争はあってはならないと痛感しました。パワーをもらって帰って来ました。

2018年8月

2018年9月号はこちら

 2018年7月24日 じゃがいもパーティー

園長 西田恵美子

 

 記録的な豪雨により岡山、広島など西日本が大水害に見舞われ、たくさんの方が被災されました。その上に前代未聞の東から西に抜ける大きな台風まで来て…。自然にはあらがえない無力さを感じてしまいます。被災した方々に、私たち一人ひとりが出来る応援をしていくしかないのが心苦しいですが…。なんとか一日でも早い復興を祈ります。
 このところ日本でも竜巻が起こったり、記録的な速さで梅雨が明けてしまったり、毎年のようにあちこちで豪雨になり…日本だけでなくこの酷暑は世界的なようで、なんだか地球がおかしくなっていて不安になってしまいますね。
 1923年9月1日は関東大震災があった日です。その日から9月1日は防災の日となっています。保育園でも毎年大災害を想定して第二避難所の安松中学校へ避難訓練や炊き出し訓練を行います。(今年は9月3日月曜日に行います)
 “ここは大丈夫”ではなく、何かあってから慌てるのでなく日頃からの見直し、確認、備え、訓練など大切にしていきたいと思っています。

この旗が目印です

 7月から猛暑飛び越え、酷暑で全国で熱中症発症者が急増しています。ピーク時に比べ少し下がって来たものの、この暑さは本当に警戒レベルです。さすがのひがとこっ子も危険なので、外に出るのは朝の早いうちと、夕方陽が陰って気温が下がって来てからにしています。
 ひがとこで熱中症対策は、水分補給はもちろんのこと。日除けの下でプール遊び&食後のかき氷です。火照った身体をクールダウンさせるのと食欲増進に効果大!です。

ひよこ組の赤ちゃんたちだって水遊び!チャプチャプ、ピチャピチャ、気持ちいいね!

かき氷ちょうだい!

「かき氷ください」「はーい。何にしましか?」「いちご、くーださい」などかき氷屋さんとの毎日のやりとりが楽しい子どもたちです。恥ずかしくて「ください」がなかなか言えなかったような子どもも、毎日のやりとりの中でしっかり言えるようになってきます。そしてかき氷目当てにちょっと苦手な物まで頑張って食べてみたりと、かき氷効果はすごいです!
 シロップはいちご、メロン、レモン、(どれも無着色、無添加の身体に優しい天然素材です。子どもたちとみんなで作った梅シロップも仲間入りして大人気です。)

ぞう組と1年生とのじゃがいもパーティー

 3月に植えたじゃがいも、たくさん収穫でき、カレーを作って食べました。1年生に学校のことをいろいろ教えてもらい、ぞう組は興味津々でしたよ。

 戦後70年が過ぎ、当時を知る方達も少なくなり、いろいろなことが風化されつつありますが、悲惨な事実があったことはずっと語り継いでいかねばならないと思いますし、そうするのが私たち大人の役目だと思っています。そして、戦争のない世界は大切な子どもたちの命を守ることです。平和を、命を守っていきましょう。