HOME 保育について いろいろな子育て事業 給食室より 園長先生のページ
みんなの顔 ひがとこ画廊 おさんぽマップ 広報紙ゆっくりゆっくり 採用情報

 連日、うだるような暑さが続いています。最近では、暑さも災害の1つではないかと言われるほどです。一歩外に出ると、滝のように汗が吹き出て来ます。実はこの汗はとても大事な役割をしています。

汗をかく機能は2歳半までに育つ!

汗腺は、赤ちゃんがお腹の中にいる時からでき始めます。

胎生期
16周目 手のひらや足の裏
19周目 脇の下
22周目 その他の皮膚面
28周目 汗をかく機能として働き始めます。

能動汗腺(汗を分泌する機能を持つ汗腺)は、2歳半ごろまで増え続け、その後は生涯増えません。
 生まれてからそれまでの間に汗の出る生活をしておかないと、汗の出にくいからだとなってしまい、いろいろな体調不良を招いてしまいます。

参考文献—小川徳雄「汗って何?どんな働きをしているの?」芽生え社—

◆汗の働き

  • ★疲労の素を出す
  • ★体温調節
  • ★肌を保護
  • ★水分調節
  • ★自律神経を整える

参考文献—「夏・汗をかいて健康に」芽生え社—

◆夏バテしないために

*どうして夏バテするの?

夏は体に暑さがこもります。たくさん汗をかき、エネルギーを作り出す時に必要なビタミンB群が排出されてしまいます。
 そのため、体がだるくなったり眠くなったりするのです。

*夏は体力の落ちる季節

日頃から生活リズムがいっそう大切になります。

水分補給を十分にしましょう
  • お茶・麦茶を飲む
  • 甘い飲み物には注意
    飲み過ぎは生活習慣病を導きます。
  • 毎回の食事に
    汁物を添えて
  • おやつにも必ず
    水分を添えましょう
 色々なものをバランスよく食べましょう
色々なものを食べ、夏を乗り切るスタミナをつけましょう
 睡眠時間をとりましょう
しっかり眠って疲れをためないようにしましょう!
*冷房機能を上手に活用して眠りやすい環境を作る工夫を…。