HOME 保育について いろいろな子育て事業 給食室より 園長先生のページ
みんなの顔 ひがとこ画廊 おさんぽマップ 広報紙ゆっくりゆっくり 採用情報

2019年6月号

2019年5月号はこちら

 2019年6月3日 爽やかな梅雨入り前のお天気のいい日

園長 西田恵美子

 

子どもたちの様子

ひよこ組(0歳児クラス)

子どもの様子 安心できる場所で、好きな遊びを見つけるひよこ組

りす組(1歳児クラス)

子どもの様子 お友達と同じことがやりたくなってきたりす組

うさぎ組(2歳児クラス)

子どもの様子 トントントン。お友達とのやりとりが楽しいうさぎ組

くま組(3歳児クラス)

子どもの様子 泥が顔についてもへっちゃら!ダイナミックに遊ぶくま組

きりん組(4歳児クラス)

子どもの様子 はじめてのクッキング。ピーラ ーを使って、人参の白和えづくりをするきりん組。

ぞう組(5歳児クラス)

子どもの様子 ザリガニは釣れず…おたまじゃくしを持ち帰り…カエルになりました。新しい仲間も登場!

飯能の森へバス遠足(4・5歳児)

子どもの様子 とっつぁんの森へ

子どもの様子

ただいま観察中!

子どもの様子 くま組が園庭のキンカンの葉っぱにいるアゲハチョウの幼虫を見つけました。ちょうどサナギになろうとしています。

子どもの様子 ぞう組が捕まえたカナヘビ。脱皮して、なんと卵を産みました。無事にかえるといいな。

 新緑の季節の中で、子ども達は心ゆくまで遊び続けます。私たちは大切な命を預かり、元気に一日を過ごし家族の元に帰す。それが一番の仕事と考え実践してきました。しかし、今その根底をも覆すほどの凄惨な事件が後をたたず言葉を失ってしまいます。「子どもの命を守る」その重みを一人一人の職員が受けとめこれからも安心して過ごせる豊かな時間を保護者、地域の方とも手をつなぎ合い守っていきたいと思います。どんな小さな不安も声にしていきましょう

2019年5月号

2019年6月号はこちら
鯉のぼり
4月26日 ぞう組作 木の鯉のぼり(真鯉と緋鯉)
園長 西田恵美子

お花見
—4月5日—

桜きれいだね桜きれいだね〜

お団子おいしいねお団子おいしいね!

うさぎ組もお花見散歩行ったようさぎ組もお花見散歩行ったよ〜

何があるのかな何があるのかな?

 5月1日よりいよいよ元号が変わり【令和】となります。“厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、ひとりひとりの日本人が明日への希望を持ち、自然の美しさを愛でる事ができるように”…とある人が言っていましたが…幼児教育無償化に伴い、給食費の実費徴収。そして消費税値上げにと…希望どころか不安になる事がありますよね。
 国民に、弱い者に、優しい国であり、みんなにとって希望が持てる国であってほしいと願います。
 さて、ひがとこ保育園では新入園児の慣らし保育も全員終わり。大好きなお父さんお母さんから離れて始めは泣いていたものの、“ここは安心できる所なんだ”とわかってきたようで、みんな笑顔で遊べるようになってきました。
 進級児もそれぞれ一つずつ大きくなりウキウキと嬉しそう。ある年長児のMちゃんが きりん組の時、毎朝“おはよう”と声をかけても、ニヤニヤ、もじもじ…聞こえないふり…家ではぞう組になったら言う!と言っていたとのこと。そしてその宣言通り進級した途端、“おはよう!!”と元気いっぱい挨拶してくれたのです。言われてやるのでなく、“自分で決める”ことの大切さ、改めて感じます。この自己決定できる日常をより一層大切に保育していきたいと思っています。

こどもの日のお祝い&開園記念(2004年5月1日)のお祝い会
—4月26日(金)—

こどもの日のお祝い会
うわぁー出てきた!
こどもの日のお祝い会
手を使わないで取れるかな?

こどもの日のお祝い会
お赤飯も食べて幸せいっぱい!
こどもの日のお祝い会
島筒さんのピアノにうっとり!

 あいにくの天気でしたが、ホールに集まり、こいのぼりくぐりをしたり、柏もちやお赤飯を食べました。
 今年のお祝い会には名曲♪さよならぼくたちの保育園♪の作曲者であり、保育園の園歌♪笑顔がだいすき♪の歌を作曲してくださった、盲目のピアニスト島筒英夫氏によるコンサートを行いました。ショパンや、モーツァルトの素敵な曲、島筒さんの温かいピアノの音色に思わずうっとり。絵本“おおきなかぶ”の楽しい弾き語りもあり、大盛り上がりでした。素敵なピアノを聴き、美味しい物を食べ、みんなで笑顔で幸せな時間を過ごせたお祝い会となりました。
 これからの16年目も“いっぱいあそんで、いっぱい食べて、安心して眠る”保育園であり続けたいと思っています。これからもよろしくお願いいたします。