2024年

2月号

 日中は日差しが暖かいものの、風はやっぱり冷たい。1月下旬より感染症が流行していますが、寒さに負けずにしっかり身体を動かし、たくさん食べて、元気に過ごしましょう

各クラスの様子
ひよこ組(0歳児)

 『いってらっしゃい!』とかわいらしく手を振り、『タッチ―』と手を伸ばすようになりました。どこにいても「かわいい!」と声をかけられ名前を呼んでもらっています。でも、嫌な時はいや!っと首を振ったり。それもまたかわいい。

りす組(1歳児)

 かわいらしい言葉がたくさん飛び交っています。大人をてこずらせる自己主張もいっぱい。「やだー!」っと言ったらききません。お父さん、お母さんだけでなく先生たちも天手古舞です。

うさぎ組(2歳児)

 友だちと一緒が楽しくなってきました。大人の手を離し、友だちに駆け寄ります!追いかけごっこにおままごと。ごっこ遊びに夢中。でもママがいいのー!とかわいらしく甘えるところがまだまだかわいい。

くま組(3歳児)

 大きいクラスに仲間入り。大きい子にはかなわない事が多いけど、いっしょが嬉しい。自分の思いをいっぱい出すからケンカもいっぱい。笑いと涙があふれる子どもたち。お世話上手な子もいっぱいいて助かっています。

きりん組(4歳児)

 大好きな友だちと遊びこむ子もいれば、自分のやりたいことに没頭している子も。なんだろう?とふしぎ発見が上手。目を光らせています。少し大きな集団でルールのある遊びも楽しんでいます。

ぞう組(5歳児)

 昼寝がなくなりました。縄跳び、鬼ごっこ、お絵かき、製作、あやとり、鉛筆遊び。仲間と一緒になって楽しんでいます。姉妹園のひまわり保育園のぞうくみさんと交流。航空公園でいっぱい遊んできました。

命をありがとう

 先日、お魚屋さんにお願いして、大きなブリを子どもたちの目の前で捌いていただきました。(乳児クラスは栄養士がサバを捌きました)わたしたちは、あらゆるものの命を頂いて生きている。食べ物を粗末にせずに、生き物に感謝。そんな思いを子どもたちに伝えたいと思っています。
 魚屋さへの質問では、「なんで水の中で生きられるの」「脳みそあるの」「心臓は?」なかなか鋭い質問でしたが、魚屋さんも丁寧に答えてくれました。中には、「魚も心があるのかな…痛かったりするのかな…」質問はできなかったのですが、自分の中で考えている子どももいました。そして、外で焼いた魚をみんなでおいしく頂きました。
 魚はもちろん美味しかったのですが、みんなで一緒に食べられることで更においしさが増したように思います。

青空誕生会

 先日、幼児クラスの誕生会がありました。いつもはホールで行うのですが、暖かかったので園庭で誕生会をやることに。すると、なんだなんだと小さい子どもたちもみんな集まってきました。(といってもお休み子が多かったので、いつもよりは少なめでしたが…。)こんな風に楽しいことをみんなでできるのがひがとこの素敵なところ。次は何しようかな?