HOME 保育について いろいろな子育て事業 給食室より 園長先生のページ
みんなの顔 ひがとこ画廊 おさんぽマップ 広報紙ゆっくりゆっくり 採用情報
苦情解決

<H23年度>
=内容1=
5月17日 園まわりのゴミや落ち葉を掃除しない。と市民相談課に苦情メールが入る。

(対応)
翌日、職員で園のまわりの道路の草むしりと落ち葉ゴミを掃除する。その後、定期的に清掃している。東門の大通りに面した歩道は、毎朝登園する親子を見守りながら清掃している。

=内容2=
10月25日 匿名の在園児の祖母が保育課へ相談、その後、直接園に電話がある。園の保育には共感できるが、放射能の事を考えると、孫が裸足で遊んでいるのは将来的な事も含めとても心配なので、靴を履かせてほしい。

(対応)
線量計を借りる手配をし、園内外、いつも遊びに行っている各公園を測定し、園だよりで公表する。また、裸足の件も、専門家の方によると靴を履いている、いないはほとんど影響がなく、汚れた手足は石鹸できれいに洗い流せば大丈夫との事。
環境があまり汚染されていない地域は、外部被ばくより、埃を吸い込んだり、食品から取り込む内部被ばくの方が影響が大きいので、窓ガラス、網戸、サッシの溝をこまめに掃除することや、食品は出来るだけこだわってほしい、との情報を園だよりにて伝える。