園だより

2020年

7月

 今までの日常が少しずつ戻ってきたとは言っても、また感染者が増えてきてまだまだ気を抜けず、そして暑くなってきた今、マスクでの生活もしんどくなってきましたね。でもウイルスなだけに“新たな生活様式”に慣れていき自分達で身を守ることにも繋がっていくので、熱中症に気を付けながら、これからもみんなでがんばりましょうね。

1ヶ月たった今

 保育園では4月に入園してから休園、自粛などがありお休みしていたお友達も、6月から勢揃い!“大好きなママがいないよ~”“ママがいいの~”と泣いていたのが、約1ヶ月たった今では、友達のことを真似っこしたり、あちこち楽しそうに探検している子ども達です。
 “保育園が楽しい場所”になってくれている様子を見る事ができ嬉しいです。

0歳児ひよこ組:行ってきまーす。
赤ちゃんもお友達と一緒。
1歳児りす組:りす組はなんでもお友達の真似っこ。
1歳児りす組:楽しいね♪
2歳児うさぎ組:なになに?うさぎ組もすぐに友達のいる所に集まるよ。

梅を採りに行きました

 くま組のNちゃんの親戚の方のお誘いで、ぞう組が代表して梅林に梅を採りに行きました。そのあとぞう組が梅シロップや梅干し作りをしてくれました。梅シロップをジュースにしたり、かき氷に入れたり…夏の楽しみが広がります。

棒で落としてくれた梅をみんなで一斉に拾いました。

水鉄砲作り

 “川越あそびの学校”の齊藤留治さん(保育園の布団を作ってくださっている布団屋さんです)と水鉄砲作り

5歳児ぞう組
5歳児ぞう組
4歳児きりん組と3歳児くま組
4歳児きりん組と3歳児くま組

 毎年4・5歳児が一緒に教わりますが、今年はコロナ対策でぞう組のみにしましたが、くま組もきりん組もそのあとすぐに作ってもらって水鉄砲であそびました。あそびは“見て、やりたくなって、教えてもらって、やる”まさに伝承していくものだと改めて感じます。これからも異年齢の仲間の中で、様々な人達との出会いの中でたくさんのあそびを広げていけたらと思っています。

幼児クラスの誕生会

 幼児クラスの誕生会は毎月3歳児・4歳児・5歳児の3クラスが揃ってお祝いしていたのですが、今年は密にならないようにと、各クラスでそれぞれお祝いしています。でも、やっぱり皆でお祝いしてあげたい気持ちから、誕生会の日にその月に誕生したお友達が他のクラスの友達や職員にもわかるように、折り紙で作ったバッチをつけてあげることにしました。つけてもらい、嬉しくてみんなに見せてまわっている子ども達でしたよ。幼児クラスの誕生会の日にこのバッチを見かけたら「おめでとう」と声をかけてくださいね。

誕生月の印

保護者会からお花を頂きました

 毎年お花を頂き、ありがとうございます。こちらこそ、いつも元気を頂いています。
 今年はコロナの流行・休園と重なりお祝い会はできませんでした。いつもの日常の生活に戻れる希望を持ち、これからも子ども達の輝く未来の為に共に育ち、力添えの程よろしくお願い致します。

園長 西田恵美子

今月の予定